STDチェッカーの口コミ【郵送検査の料金比較や販売元を分析】

この前、性病の検査キットの『STDチェッカー』を使って、検査しました。

性病検査が郵送でできる検査キットは、『STD研究所』『GME医学検査研究所』『さくら検査研究所』などがありますが、わたしはSTD研究所の『STDチェッカー』が一番良いと思いました。

STDチェッカーの公式サイト

性病を郵送で検査したことがない人は不安が多いと思うので、ぜひわたしの体験が参考になれば嬉しいです。

性病の郵送検査ができる検査キット比較

検査キット 金額 検査内容 検査項目
STD研究所 15,930円 尿・血液・うがい クラミジア
淋菌
HIV
梅毒
B型肝炎
GME医学検査研究所 17,280円 尿・血液・うがい・陰茎表皮 クラミジア
淋菌
HIV
梅毒
B型肝炎
C型肝炎
カンジダ
さくら検査研究所 13,800円 尿・血液・うがい クラミジア
淋菌
HIV
梅毒
B型肝炎
C型肝炎
カンジダ
某都内病院 15,000円+診察料 尿・血液・うがい クラミジア
淋菌
HIV
梅毒
B型肝炎

わたしはSTD研究所の『STDチェッカー』で性病の郵送検査をしました。

理由は、完全匿名で検査ができるというところです。

これを見ればわかるとおり、STD研究所のSTDチェッカーは、名前や住所を書く必要がありません。

申込IDとパスワード、それと採取日だけで、後日ネットで検査結果を知ることができます。

検査項目をより多くやりたい人は、GME医学検査研究所が良いと思いますし、

少しでも安くやりたい人は、さくら検査研究所で良いと思います。

参考までに都内の病院で、同じような検査をすると15,000円に診察料がかかるので、郵送検査キットの方が安い感じです。

またこれらの性病検査の結果は、すぐに出るものではないので、病院で検査する際は、2回病院に行く必要があります。

仕事が忙しい人が、平日に病院に行くのは大変ですよね。

だから、性病かもしれない。と不安な人は、まず郵送キットで検査をして、陽性反応がでたら病院に行くのが良いと思いました。

匿名だし他人にバレない

STDチェッカーは、申し込んで2日後には届きました。

届いたダンボールに、性病検査キットとわかるような記載は何もありませんでした。

そしてダンボールの封を開けても、黒いビニールで包装されているので、他人にバレる心配はかなり低いです。

かなり本格的な検査キットだった

開封すると、こんな感じでした。

STDチェッカーの検査は、『尿検査』と『血液検査』と『うがい検査』ができます。

尿検査は、自分の尿を専用の容器に入れるだけでした。

血液検査は、採血するのがちょっと不安でしたが、すごく簡単でした。

痛みもまったくなくて、案外簡単でした。

うがい検査は、専用のうがい液を使って、検査しました。

すぐ終わりました。

検査したら郵送するだけ

検査が終わったら、用意された封筒にすべて入れて、郵便ポストに投函するだけです。

こんなにも簡単だとは思いませんでした。

検査結果はネットで確認できる

検査結果は、郵便ポストに投函して4日後に確認できました。

 

わたしは無事、陰性判定でした。

郵送検査は病院に行く必要が無い


性病が気になったら、基本的には病院で検査してもらうのがベストだと思います。

ただ、性病の検査結果は、当日に判明しません。

検査するために病院に行って、さらに一週間後に結果結果を聞きに行くために病院に行くことを考えると、

最低でも2回は病院に行かなければならないので、2日も仕事を調整するのはとても大変ですよね。

STDチェッカーは、完全匿名で性病の検査ができるし、私生活に影響が少なくできるので、すごく良いと思いました。

STDチェッカーの販売元はアルバコーポレーション

最後に、STDチェッカーを販売するSTD研究所の情報を調べました。

販売名 STDチェッカー
会社名 株式会社アルバコーポレーション
住所 大阪市中央区平野町1-8‐7
電話番号 0120-712-680
届出 高度管理医療機器等販売業 第N06286号
公式ホームページ https://www.std-lab.jp/

ぜひ公式サイトで情報をチェックしてみてください。

性病かわからないけど、なんだか気になるという人は、まずSTDチェッカーで郵送検査してみると良いと思います。

公式サイトもしっかりしていたし、安心できると思います。

わたしは、STDチェッカーで郵送検査して良かったと思いましたよ。

性病かもしれないと思っているなら、まずは郵送検査をおすすめします。

STDチェッカーの公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です